プーアール茶の特徴と効能、ウーロン茶と比較して

プーアール茶は中華人民共和国雲南省南部南西部が産地です。中国の真ん中を流れる長江(揚子江)を中心にお茶の栽培地域が4つの区に分かれていて、その最南端である華南茶区に属しています。
中国茶には大きく分けて6種類(青茶、黒茶、緑茶、紅茶、白茶、黄茶)があります。 ^江北茶区
*江南茶区
‘西南茶区
発酵の無し或いは薄い順で言えば、 “”華南茶区

1) 緑茶(発酵無し、加熱のみ) * ^ ‘
2) 白茶(わずかに発酵) “”
3) 黄茶(酸化発酵、悶黄と呼ぶ)*
4) 青茶(半発酵、のち加熱処理、よく揉み込まれる。烏龍茶が代表) “”
5) 紅茶(徹底的に揉み込む、酸化発酵を最後までする。)* ‘ “”
6) 黒茶(加熱処理後、発酵。)->天然発酵が生茶 ‘ “”
->コウジカビによる発酵(唯一これだけが微生物による発酵である)が熟茶 ‘ “”
この黒茶の内、生茶と熟茶と2種類あるのがプーアール茶です。
効用は、老木から作られている為にミネラルが非常に濃厚である為、長く常飲することによって、血流が良くなり、快眠、お通じも解消、花粉症などのアレルギー体質も改善されるとの事です。
品質が良ければ良いほど、効用も高くなるそうです。特に熟茶には脂肪分を分解するという作用もあると言われています。そこは烏龍茶と同じです。でも、烏龍茶にはカフェインが含まれていて興奮作用、利尿作用もあるそうなので、注意が必要です。
余談ですが、烏龍茶の名前の由来として、製造過程でよく揉み込まれる為、色が烏のように黒く、茶葉の形状が竜に似ていることから烏龍茶となったそうです。

皆さんにとってもうお馴染みになったプーアール茶と烏龍茶。プーアール茶も烏龍茶も共にダイエット効果があるそうですが、前者は快眠を促す、後者はカフェインがある為、興奮作用がある事を知っておくと、その時その時の状況に合わせて飲みたいものですね。
以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です