アーカイブ

レディなら誰でも試したい!プーアル茶3つのダイエット効果

ダイエットに効果てきめん?プーアル茶の効果とは

ダイエットティーとして耳にしたことのあるプーアル茶。
でも、黒烏龍茶とか、トクホのお茶だとかとりあえず脂肪吸収を妨げる系が多いなか、プーアル茶ってなんなの?

そう思い調べてみると、脂肪吸収防止の他にも女性によくあるお悩みを解決してくれるお茶だということがわかりました。
これからそれをご紹介していきたいと思います!

まず、真っ先に思い浮かんだ脂肪吸収防止効果。脂肪というのは、摂取した後、胆汁酸により小さな脂肪の粒に分解されて肝臓やにっくき脂肪として蓄積されます。つまり、胆汁酸により分解されなければ、体内に吸収されず排出されるということ。こんな美味しい効果があったなんて… また、体にたまった脂肪をリパーゼという脂肪分解酵素である程度まで分解し、排出されやすくしてくれる効果もあるのです。これで、運動すると体内の循環が良くなり、脂肪が排出されるというわけです。運動したら脂肪が排出されるとわかったら、やる気も違いますよね。

また、カテキンの抗酸化作用により、殺菌、アンチエイジングの効果もあるのだとか。またポリフェノールも含まれており、このポリフェノールが体内の活性酸素を取り除いてくれるとのこと。それにより胃腸の活動が活発になり、便秘改善の効果もあるのです。また、便秘改善により、腸内環境が整うことで全身に毒素が回らなくなり、体が軽くなる、お肌の調子が良いなんて効果も。この効果もよりアンチエイジングに寄与してくれると言えそうですね。
また、ビタミンやアミノ酸なんかも含まれていることから、栄養もとれる健康的なお茶だと分かります。野菜を頑張って食べなくても、お茶を飲むだけで栄養が取れるなんて夢のようですね。

また、プーアル茶が発酵させたお茶であることや、タンニンの作用により、便秘改善、冷えの改善に繋がるようです。それは、血行改善、デトックス効果があるためです。また、利尿作用もあることから、むくみ改善も期待できますね。

また、ダイエット効果だけでなく、この脂肪を溜め込まないようにするというプーアル茶の効能は、生活習慣病の予防にも役立ちます。

生活習慣病というのは、血管壁がボロボロになって剥がれたものが血管に詰まるか、血中の脂肪が詰まって起きることが多いです。前者は高血圧や血管の老化により起こり、後者は欧米化した食生活やストレスにより悪玉の脂肪が増えてしまったことが原因です。

そのような悪玉脂肪を減らすという意味で、このプーアル茶は脳卒中や心筋梗塞といった血管系の病気の予防に一役かってくれると言えるのです。
少々お値段ははるようですが、このような病気になっては取り返しがつきません。

そんな時にはプーアール茶ダイエットを開始する事でスタートを切る事をおすすめしています。

上記のプーアール茶ダイエットの権威でもお茶ダイエットの中でもプーアール茶の効果は推奨されており自信を持って飲む事が出きます。

参考⇒プーアル茶ダイエットの効果と効能-プーアール茶.jp

ダイエットをするのであれば、プーアール茶がおすすめなのはいう間でもありません。

もし、脂肪を取りすぎているな、体脂肪率がきになるあなたは、プーアル茶を飲んでみると良いかもしれません。

プーアール茶を飲んだ高見さんのダイエット体験談

私は元々中国茶が好きで、最初は所謂烏龍茶(青茶)を中心に飲んでいたのですが、今、気づけば手元のお茶はほとんどプーアール茶になってしまいました。

まず、私が中国茶にハマるきっかけとなった烏龍茶ですが、一時の中国茶ブーム以来、ペットボトルやティーバッグなどで手軽に購入できる機会が増え、私もそのブームに乗って飲んでみたのでした。それ以前には紅茶好きだった為、自然な流れでしたが、お湯を継ぎ足して何煎でも飲めるところ、茶器の種類の多さには、新鮮な面白さを感じました。

ですが、烏龍茶は味わいがはっきりしたものが多く、苦味の後の甘さやスッキリした渋みなど、その個性の違いにどんどんハマってしまえる反面、そのはっきりとした味は毎日飲み続けられるまろやかさとは違うな、とも感じていました。

また、プーアール茶なるお茶の存在も知っていましたが、非常に癖が強く飲みにくいらしいという認識でした。

しかし、飲んだことのないお茶への興味と効能(体を温める、脂肪を減らす、カフェインが少ない、など)から興味を持ち、いつも買い物をしていて信用している中国茶店で「癖がなく飲みやすい」というプーアール茶を、飲んでみることにしました。

結論は「飲みやすいし、美味しい!」でした。

プーアール茶(熟茶)はまず渋みが少なくまろやかさ、優しい甘さが特徴だと思います。これこそが、体調が優れない時でさえも飲みたくなる味と感じます。また、強い味ではないにも関わらず、体を温める効果は大きく、その点でも毎日飲みたくなるお茶です。

よく油ものと合わせると良いと言われる烏龍茶よりも、胃腸をすっきりとさせる効果もあるように思います。後の胃もたれが少なく感じるのです。これは烏龍茶よりも優しい味わいであるのに不思議に思います。
それ以来、プーアール茶が好きになり、あれやこれやと試す内にすっかりとハマってしまいました。長い時間熟成させるお茶の為その具合によっては、初めに耳にしていた「癖が強く、飲みづらい」ものにもなるようです。これは信頼できるお茶屋さんを探して購入することが大事と感じます。そういうお店の商品なら、結論としてどのプーアール茶もとても美味しいです(好みは色々ありますが)

また、購入した餅茶(茶葉を円盤状に固めたもの)をゆっくりほぐす時間も癒しとなります。これから味わうお茶が、どんな香りで甘みや渋みを感じさせてくれるのかと期待しながらお茶をほぐすのは、日常から離れたゆったりとした時間です。

プーアール茶は賞味期限がほとんどない(まだまだ熟成可能である)為、焦らず、好きなタイミングでじっくり飲めることも良いと思います。
このような理由で気づけばプーアール茶が一番よく飲むお茶となりました。
そういえば、お茶好きが最後に行き着くお茶はプーアール茶だ、ということを聞いたことがあるのですが、私もその一人となったようです。

プーアール茶ダイエットおすすめです!

体重計を、毎日測るダイエット方法について具体的に考えてみた

私は、自分の中では そんなに太ってはいないとは 思っています。
でも、周りからは 「 太ったね 」 と 言われることが多いです。
なので、ダイエットをしようと 考えることが多く 実行しようと思っています。
そうすると、どういうダイエットがいいか ということです。
食事の節制だと、食べることが好きな私は 難しいかなと思ったりしています。
運動だと、一度してみましたが 失敗したことがあります。
いろいろ調べた所、体重計を毎日測るだけで ダイエットになると聞いたことがあります。
でも、絶対嘘だと思って 信じていなくて 最初は実行しなかったです。
友達と会って、なにげにダイエットの話になり そのことを話す機会があり話してみたんです。
そうすると、その友達の知り合いの人も 実行しているという話を してくれたんです。
その人は、最初はダイエットをするという 感じではなかったそうです。
でも、毎日体重計を測ると 体重を気にして 少しだけど体重が減ったことが あったそうです。
私は、そのことを聞いて 自分が思っていることは 間違っていないと いうことです。
自分が思っている事を、信じて すぐ実行すれば良かったと 思ったこともあります。
そして、毎日 朝と夜 体重計を測ります。
朝は、朝食を食べる前に1回、夜は お風呂に入った後に1回 測ります。
そして、毎日2回を ノートに記入します。
でも、毎日なので 変化が殆んど無くて ほんとにダイエットになるのか 自分自身は信じられない事もあります。
だから、すごく飽きることもあります。
でも、そこを頑張って 毎日実行していくと たまに減っていて それがまたすごく嬉しいです。
ただ、少しずつしか減らないので 本当に飽きずに頑張らないと 本当に経こむこともあります。
そして、本当に減った時は すごく嬉しいです。
私は、実行して1年になり やっとトータルで1Kg減っています。
このペースは、早いのか遅いのか 正直分からないです。
でも、私はどのダイエットが向いているか 分からなかったです。
これは、自分の中では 向いているのではないか と 思っています。
たまに、飽きたりもしますが 体重計を測るだけなので 良いなと思っています。
たまに、朝や夜の どちらかを測るのを忘れたりして 1回しか測らない時もあります。
でも、どのような方法でも 毎日測ることが 必要です。
自分の中では、トータル5Kg体重を減らしたいので 後4Kgを減らしたいと思います。
少し、時間が掛るかもしれないですが 頑張っていこうと思います。

ダイエット期間中の休息日を作る事はダイエットにおいても重要

ダイエットを行っていると、当然運動をしたり食生活に気を使ったりしますので、ストレスがたまることもあると思います。また、一度設定した体重に到達すると目標を見失ってしまい、そこからダイエットに集中できなくなり、結局リバウンドしてしまうこともあると思います。そこで、長期的にダイエットを成功させるために私が行っていることについてお話いたします。
私は筋トレと食事・サプリメントの摂取によってダイエットをしています。
筋トレに関しては1週間のうちに最低でも5回は行っており、今後もこのペースは守っていくつもりです。また普段の食事については、タンパク質の摂取を意識した食事を行い、脂質・糖質はなるべく摂取しないようにしています。具体的な食事内容としては、鶏胸肉をメイン食材として食べ、足りない分はプロテインで補い、炭水化物(糖質)は血糖値の上昇が緩やかなオートミールや蕎麦・玄米を食べるようにしています。脂質についてもオリーブオイルやごま油等の油を使用しています。
日々こうした生活を行っていると、当然ですがお腹がすきますし、他の人たちが脂っこいものを食べたりデザートを食べているのを見ると、自分も食べたいという気持ちになります。
ダイエット当初は、その気持ちを抑え込んでいましたが、それが大きなストレスになっていました。
しかし、ダイエットを続ける中で得た知識として「チートデイ」という言葉を知ってから、食事に関する意識が変わりました。
日々抑制的な食事を行い、カロリーを抑えていても、体が絞れてこなくなります。これは、体が日々の少ないカロリーでも生きていけるように自然と調節を行ってるためであり、少ない燃料でも動くような代謝バランスになってしまっているためです。
そこで、週に1回、好きなものを好きなだけ食べる日を設けることで、体が驚き、再び代謝がアップします。少ないカロリーにな慣れた体をだます(チーとする)ことで、再び代謝がアップし、絞れるようになってきます。この方法は現在では多くのボディビルダーが採用しているメソッドであり、科学的にも十分な根拠のある方法です。
このチートデイを設けることで、週に1回は好きなものを食べられるという精神的な安心感とともに、代謝アップも図ることができるので、非常に助かっています。
好きなものを好きなだけ食べるといっても、やはり限度はありますが、私はそこまで意識しないでお菓子や肉、揚げ物を食べています。主に土曜日がチートデイですので、金曜日はいつも翌日が楽しみで中々寝れないということがあります。

ダイエットは楽しいのです!プーアール茶以外で痩せる方法って?

ダイエットをする目的は人それぞれです。しかし大切なことは共通しています。ダイエットをして健康になることです。ダイエットは無理をすることではありません。無理なダイエットは体を壊してしまいます。食事制限ダイエットをする人は多いですが、それは良くないことですね。筋肉が弱くなったり骨が弱くなります。そうならないためには適度な運動を食事をすることです。それらがしっかりしていれば調子が悪くなることはありません。運動を毎日行う事は簡単ではありません。しかしそれを行うだけの価値があるのです。運動をして汗をかけば気分は爽快になります。そうなってくるとダイエットも楽しくなるのではないでしょうか。楽しければ続けられますよね。きつい方法で無理をしようとすると長続きしません。自分でできる程度の方法でコツコツ続けていくことが大切です。
そうすることでダイエットは成功へと向かっていくのです。ダイエットが成功したら楽しいですね。何か目的を持って行動をしてそれを成し遂げることは大きな達成感が伴います。それは素晴らしい行動なのではないでしょうか。
健康はお金で買うことは出来ません。自分で作っていくものなのです。そもそもダイエットは健康になるために行うことです。それだけではなくダイエットをして色々なことを学べます。計画を立てる大切さなどもあります。何でもかんでも当てずっぽうだと上手く行きません。計画を立てればデータが手に入ります。段々とダイエットが上手になっていくと言うことです。ダイエット自体はそれほど難しいことではありません。誰にでもできることです。特定の何かを食べるダイエットもあります。豆腐や寒天、納豆などがあります。それらも面白いのではないでしょうか。面白いからダイエットは続けられるのですよね。つまらないダイエットはすぐにやめたくなってしまいます。ダイエットは長く続けてこそ意味があります。
1日で効果のないようなことでも何ヶ月も続ければ大きな成果となります。実際に私は毎日30分は運動をしています。中々成果は出ません。しかし足が強くなりました。それによって階段の昇り降りが楽になりましたね。そのようなメリットもあります。ですから痩せることだけに気をとらわれずに広い視野で行動をしていきたいと思います。ダイエット自体は面白いですね。ダイエットをするということが趣味になることもあります。どんなことでもやる気を持って取り組めば楽しいものです。

10年前、私は身長157センチ、体重65キロありました。当時、病院に勤めていた私は患者様から衝撃的なひと言を言われました。
中年の男性患者様が私をみるなり
「白豚の天使」と、、。白衣の天使をもじったのでしょう、みんなで笑いましたが私は悔しくて悔しくて涙がでる思いでした。
これはもう、痩せるしかないと思いました。
1人暮らしでお金もなかったのでジムで運動やダイエットドリンクを使うこともできず、どうしようかと悩んだ所、スーパーで見つけた、優秀なヘルシー食材がありました。それがもやしです。一袋30円前後で買うことができます。値段もカロリーも私にピッタリだと思いました。思い切って夜ご飯をもやし一袋に変えました。
食べ方は茹でたもやし一袋に、別の器にマヨネーズ大さじ2杯、七味とうがらしを振りかけ、もやしをマヨネーズと七味につけながらチビチビ時にムシャムシャ食べます。因みに、お酒のおつまみにもなります。たまにお酒も飲みました。
この方法で私は、
2ヶ月で8キロ簡単に痩せることができました。
その後は週3回ほど、夜もやしダイエットを続け、結果1年間で20キロも痩せることができました。
やったことはこれだけです。運動は嫌いなのでしませんでした。
朝食と昼食は普通に食べました。
夜はもやしだけでしたが、一袋ってけっこうあるんです。お腹いっぱいになります。
味に飽きたらカレー味にしたり、お酢のドレッシングをかけてみたり、色々なアレンジもできます。
そして月に1、2度は夜の外食もしました。
少しだけ気を付けながら食事すれば問題なしです。甘いものはお昼までに食べます。
これだけ自由だと少しもイライラしませんでした。
痩せる、安い、おいしい、ストレスなし。これは一石二鳥どころか三鳥以上です!
体調もとても良くなりました。肌の艶がよくなった気がします。もやしには栄養素がたくさんで生活習慣病の予防、改善にもなるそうです。
もやしダイエットと出会い10年たち、今は子供もいますが、少し太るとこのダイエットで調整をしています。なので体重はダイエットしたまま変わりません。
このダイエットは私の必殺方法です。
痩せると全てが変わります、男性になんて全然相手にされなかった私がたくさん声をかけられるようになりました。なにより自分に自信がもてるようになりました。前をみて堂々と歩けるようになるって最高ですね。あの時の悔しさで今の私があります。今ではあの、患者様に感謝です。

ダイエットの最強の敵、それは帰省すると太るという事

年の初めに、ずっと20年守り続けてきた体重が2kg増えて大台に乗ったことにショックを受け、1年かけて体重を落として今までの適正体重に戻そうと決意しました。今きちんと痩せておかないと、このまま「まぁいいか」と思ってズルズルと太っていきそうで怖いのです。年齢的にもここで踏ん張っておかないと、今後はどんどん痩せにくくなっていきます。今対処しないと絶対ヤバい、そう思ったんです。
とはいっても、食べることが大好き、そしてデスクワーク、育児でプライベートな時間はほとんどない私としては劇的な効果を狙うダイエットはできません。幸い目標は1年で2kg落とせばいいやという緩いものですので、まず毎日の食事をちょっとずつ減らしてみることにしました。朝と昼を減らすと仕事中イライラするので、減らしたのは主に夜、おかずはあまり減らさずにご飯の量を3分の2にしました。本当は炭水化物を抜くのが手っ取り早いらしいですが、白い炊き立てご飯を食べずに何が日本人ですか!という考え方なので、それは無理です。納豆やたらこ、なめたけなどを前にしてごはんを一切立つなんて度胸は私にはありません。
また、基礎代謝を少しでも上げるため、仕事や家事の合間にスクワットなどの筋トレをして筋力を増やすようにしました。そのかいあってか、最初の3か月はほとんど変動なしだった体重が、4か月後には1kg近く減ってきました。体重を測って思わずガッツポーズ、やっぱり身体は正直、努力は形に現れるのだなあとうれしくなりました。
順調だったゆるゆるぷちダイエットが異常をきたしたのはゴールデンウィークです。実家に帰省しましたが、家族も含めどうして田舎の人はそろいもそろってみんなお客に物をあんなに食べさせようとするのか、しかもどうして出されたものがそろいもそろって美味しいのか…勧められるままに食べましたよ、連れていかれる店でことごとく食べましたよ。遊びに行ったというよりも食べに行ったというほうが正しいのではないかと思うほどのゴールデンウィークの帰省でした。
帰ってきてみて体重計に上がり、思わず頭を抱えました。体重はもとにもどっていました。身体はやっぱり正直、怠惰も形に現れるのです。
ゴールデンウィークが終わり日常に戻ると同時に、私のダイエットも仕切り直しです。また地道に頑張ろうと思います。でもせっかく体重を減らしたころに、またお盆の帰省がやってきます。8月終わりに、また同じことを言っている気がして心配でなりません。ほんとに帰省はダイエットの敵です。

“\\ダイエットは難しいという印象があります。それは間違っていないかもしれません。ですがしっかりと方法を選べばそれほど難しくはならないのです。自分にできることを続けることですね。無理なダイエットをしてもそれは長続きするようなことはありません。三日坊主で終わってしまうことでしょう。それではせっかくダイエットを開始したのに勿体無いですね。ダイエットは長く続けることに意味があります。長く続けていくことは簡単ではありません。途中で休んでしまいたいと言う気持ちが出てきてしまいます。しかし続けていれば成果がでます。それはとても楽しいことなのではないでしょうか。努力をして結果を出すことは楽しいことです。自分が頑張ってきた軌跡を見る事ができるのですからね。
色々なことをしてみても良いでしょう。ダイエットの方法は一つだけではありません。いくつもあります。それらを組み合わせていけばかなりの成果を出すことが出来ますね。時間をかけてコツコツ取り組んでいく事が大切なのではないでしょうか。すぐに結果が出ると思っていると思うように行かなくて焦ってしまうかもしれません。そうなってしまうと良くないですね。大切なことはじっくり取り組むことです。腰を据えて取り組めば成果は出るのです。ダイエットをするときには運動をした方がいいですね。少しでも運動をすると体がさっぱりします。そうなってきたら気分が良くなってずっと運動をしていくなるものです。ダイエットは楽しいのです。無理して成果を出そうとしなければとても面白いのがダイエットですね。少し体重が減っただけでも良いのではないでしょうか。数字ばかり気にしていても良いことはありません。数では測れない事も多いです。体内の水分が減って体重が減っただけかもしれませんし、体脂肪が減った可能性もあります。同じ数字ても内容が違うのですね。ですから、あせらずにゆっくり痩せていきましょう。それによってえられるものは沢山あります。私はダイエットは根気との勝負だと思っています。諦めなければ勝ちですね。多くの人は途中で諦めてしまうから良くないのです。諦めずに続けていれば必ず良い結果が待っているということです。痩せすぎも良くありません。無理な食事制限をすると摂食障害になります。それだけは避けるべきです。食べたいのに食べられないのでは人生は楽しくないですね。ダイエットは健康的になるために行うことです。不健康になるような方法は直ぐに中止をするべきです。人間の体には限界がありますので、無理な方法は続かないのです。
逆に無理な方法でなければ続けられます。無理というのは本当に良くありません。体に掛かる負担は大きくなります。せっかく痩せても体力が低下してしまっては意味がありませんからね。

プーアール茶の特徴と効能、ウーロン茶と比較して

プーアール茶は中華人民共和国雲南省南部南西部が産地です。中国の真ん中を流れる長江(揚子江)を中心にお茶の栽培地域が4つの区に分かれていて、その最南端である華南茶区に属しています。
中国茶には大きく分けて6種類(青茶、黒茶、緑茶、紅茶、白茶、黄茶)があります。 ^江北茶区
*江南茶区
‘西南茶区
発酵の無し或いは薄い順で言えば、 “”華南茶区

1) 緑茶(発酵無し、加熱のみ) * ^ ‘
2) 白茶(わずかに発酵) “”
3) 黄茶(酸化発酵、悶黄と呼ぶ)*
4) 青茶(半発酵、のち加熱処理、よく揉み込まれる。烏龍茶が代表) “”
5) 紅茶(徹底的に揉み込む、酸化発酵を最後までする。)* ‘ “”
6) 黒茶(加熱処理後、発酵。)->天然発酵が生茶 ‘ “”
->コウジカビによる発酵(唯一これだけが微生物による発酵である)が熟茶 ‘ “”
この黒茶の内、生茶と熟茶と2種類あるのがプーアール茶です。
効用は、老木から作られている為にミネラルが非常に濃厚である為、長く常飲することによって、血流が良くなり、快眠、お通じも解消、花粉症などのアレルギー体質も改善されるとの事です。
品質が良ければ良いほど、効用も高くなるそうです。特に熟茶には脂肪分を分解するという作用もあると言われています。そこは烏龍茶と同じです。でも、烏龍茶にはカフェインが含まれていて興奮作用、利尿作用もあるそうなので、注意が必要です。
余談ですが、烏龍茶の名前の由来として、製造過程でよく揉み込まれる為、色が烏のように黒く、茶葉の形状が竜に似ていることから烏龍茶となったそうです。

皆さんにとってもうお馴染みになったプーアール茶と烏龍茶。プーアール茶も烏龍茶も共にダイエット効果があるそうですが、前者は快眠を促す、後者はカフェインがある為、興奮作用がある事を知っておくと、その時その時の状況に合わせて飲みたいものですね。
以上です。

ダイエット以外にこんな効果も!?プーアール茶の不思議な効能

プーアール茶の主な原産地は中国の雲南省。他にもベトナムやミャンマーなどでも作られています。国産のプーアール茶もあります。
プーアール茶は商品によって取引される値段が高額なものからお手頃なものまで幅広い値段があります。数十年かけて熟成発酵されたプーアール茶もあり、ビンテージ品として高値で売買されることもあるそうです。ですが、高額だからといって必ずしも良い商品という訳ではないようです。購入の際は信頼できるショップで購入することが大事です。それだけプーアール茶が人気があるということです。
 プーアール茶の味ですが、本当に飲みやすいです。豊かな香り、コクのある深い味、舌触りも良くさっぱりとした味です。カフェインが入っていますが、緑茶より少ないと言われています。授乳中の方は種類や商品によってカフェインの量が異なるので、心配な方はお医者さんに相談されたほうが良いかもしれません。プーアール茶は食後、食事中に適量飲むのが良いです。
 国産のプーアール茶は緑茶をベースに製法されています。ビタミンやポリフェノールを手軽にとれるという事で最近、国産のプーアール茶も人気です。国産のプーアール茶の味は緑茶とはひと味違っています。発酵させて製法されているのでウーロン茶よりまろやかな味わいです。ウーロン茶もおいしいですが、プーアール茶は味に渋みがあります。またウーロン茶よりクセがないので飲みやすいです。まろやかな味なのでおいしいと感じてもらえます。
 味がおいしいだけではないんです。プーアール茶には多くの効能があります。
成分として没食子酸、タンニン、カテキン、リパーゼ、ミネラル他17種類のアミノ酸など豊富に含まれています。没食子酸は抗酸化作用がありアンチエイジングや生活習慣病予防に役に立ちます。タンニンはポリフェノールの一種で血行を促し、新陳代謝をアップさせてくれます。カテキンは体内に入ってきたウィルスや菌を退治してくれる働きがあります。免疫力アップで健康な体を目指すことができます。そしてリパーゼ。リパーゼは消化酵素を多く含んでいるので中性脂肪燃焼に効果があると言われています。
これらの成分全てがプーアール茶に入っています。これら多くの成分と効能があるプーアール茶で健康な体作りはもちろん、ダイエットの強い味方にもなってくれます。
 適度な運動や食事制限だけでは体重が減っても、その後なかなか落ちづらくなることがあります。そんなダイエットの停滞期などにプーアール茶を併用される方もいます。
プーアール茶の成分、タンニンで血流を良くし新陳代謝をあげることでカテキンの中性脂肪の吸収を抑えてくれます。
 プーアール茶を一日飲めば、健康維持、アンチエイジング、老化防止、ダイエットのお手伝いと効果を発揮してくれます。

学生のころからニキビや吹き出物が多く悩んでいたところへ、腸内環境を良くすればいいと聞きプーアール茶の話を聞きました。
ポリフェノールという物質が腸内環境を良くし、肌トラブルの改善が期待できるそうです。腸内環境やポリフェノールという言葉は知っていましたがそれがどんなものでどんな作用があるのかまでは知らなくて今まで聞き流していましたが、本当に効くよという言葉を聞いてダメもとで一回は試してみようかと購入、飲み続けていますが確かに吹き出物やニキビは少なくなりました。しかもそれとは違う効果もみられていて、恥ずかしい話ですが飲み始めてから便秘が治ったと思います。
で、少し興味がわき少し調べてみるとプーアール茶を飲むと腸内で「没食子酸」という成分が生成されます。その没食子酸が脂肪吸収を抑える働きがありダイエット効果やデトックス効果、肌トラブルを治したりしてくれるそうです。腸内でいらない脂肪を吸収させずに排出させる効果があるんだそうです。あまり考えたことがなかったけれど腸内環境ってとても大事なんですね。
肌トラブルだけではなく、高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の予防にもなるらしく長く飲み続けていくことが大事だそうです。
生活習慣病に効くお茶って聞いたことが無く、それだけでも凄いなと思っています。
立ち仕事をしているのですが、お茶を飲み始めてからあまり、「今日はむくんでいるな」ということを思わなくなってきました。知りませんでしたがプーアール茶に入っている「タンニン」という成分がむくみを解消してくれているらしいのです。
プーアール茶が少し苦いのはこのタンニンという成分のせいです。でも、飲めないほど苦いわけでもないのでそんなに気にはなりません。
また、冷え性にも効果があったり、コレステロールや体内の老廃物を排出する作用もあるため、利尿作用もあり肌荒れや冷え性・便秘の改善・予防に繋がるなど、デトックス効果にも期待できます。
お値段は一般的なお茶よりは少しお高めですが、これだけ体にいいお茶なら飲み続けていてもいいかなと思い、それからずっと飲んでいます。
腸内環境や、腸内での脂肪を吸収しない作用を考えると食事をしながらがプーアール茶を飲むのが一番効果があるのではと思い外食以外は食事をしながら飲んでいます。
プーアール茶の味に慣れてきてしまうと普段飲んでいたジュースも甘く感じてあまり飲まなくなってきました。これも身体にいい作用ですね。
これからも健康のため、お肌のため、飲み続けて行きたいと思っています。

中国茶でダイエット体験談~ダイエットプーアル茶で痩せられる?

プーアール茶やウーロン茶などに代表される中国茶は、さまざまな効果・効能が期待できますが、ダイエット効果にも優れています。
私も40代になり、なかなか脂肪が落ちてくれなくなったため、中国茶を飲んでダイエット効果を得ることにしました。

中国茶が持っている効果・効能には、脂肪燃焼促進効果や脂肪吸収抑制効果、腸内環境改善効果、アンチエイジング効果、むくみ解消効果、冷え性緩和などさまざま効果が期待できます。
私は、脂肪燃焼はもちろん、便秘気味で冷え性も気になっていたので、飲むだけで良いこのダイエットにとても期待していました。

中国茶の脂肪燃焼促進効果は、リパーゼという成分が関係し、特にプーアール茶にはこのリパーゼが豊富に含まれているため、中性脂肪の燃焼を促進してくれます。

また、カテキンも豊富に含まれていますから、脂肪の吸収を抑制する効果があり、胃腸の働きを高めてくれるので、腸内環境改善効果も期待できます。
また、プーアール茶に含まれているタンニンには、むくみ解消やアンチエイジング効果もあり、発酵されたお茶なので、体を温める作用もあり冷え性の緩和にも効果的となっています。

実際に中国茶を飲み始めて思ったのは、体がぽかぽかしてくるような感じがし、冷え性に本当に効果があるということでした。
また、脂っこい食事が好きでやめられませんが、プーアール茶には脂肪の吸収を抑制する効果もありますから、心おきなく油ものを食べることができ、特に食事制限をしなくても、少しお腹が引き締まったような気がします。

私の場合は、のどが渇いた時に飲むというシンプルな方法でしたが、一番いい方法は、食事と一緒に飲むと効果的だそうです。
食事と一緒に中国茶を摂取することで、ダイレクトにダイエット効果が期待できるようです。
また、体を温めるためにも、できるだけホットで飲むとより効果的です。

私は、ウーロン茶やプーアール茶の味が好きなので、ダイエットしているという感覚はなく、無理なく続けることができましたが、味が苦手という人は、食事の時だけでもいいと思います。
私は、体重は1ヶ月で1キロとそれほど劇的な変化はありませんでしたが、飲み続けるうちに便秘が解消し、お腹周りの脂肪が減少したのが実感できました。
便秘も解消したおかげで、肌荒れも軽減し、体調がよくなったと思っています。
中国茶は、ダイエットだけではなく、高血圧や心臓疾患、生活習慣病の予防などにも効果がありますから、おすすめします。