アーカイブ | 3月 2017

ダイエット以外にこんな効果も!?プーアール茶の不思議な効能

プーアール茶の主な原産地は中国の雲南省。他にもベトナムやミャンマーなどでも作られています。国産のプーアール茶もあります。
プーアール茶は商品によって取引される値段が高額なものからお手頃なものまで幅広い値段があります。数十年かけて熟成発酵されたプーアール茶もあり、ビンテージ品として高値で売買されることもあるそうです。ですが、高額だからといって必ずしも良い商品という訳ではないようです。購入の際は信頼できるショップで購入することが大事です。それだけプーアール茶が人気があるということです。
 プーアール茶の味ですが、本当に飲みやすいです。豊かな香り、コクのある深い味、舌触りも良くさっぱりとした味です。カフェインが入っていますが、緑茶より少ないと言われています。授乳中の方は種類や商品によってカフェインの量が異なるので、心配な方はお医者さんに相談されたほうが良いかもしれません。プーアール茶は食後、食事中に適量飲むのが良いです。
 国産のプーアール茶は緑茶をベースに製法されています。ビタミンやポリフェノールを手軽にとれるという事で最近、国産のプーアール茶も人気です。国産のプーアール茶の味は緑茶とはひと味違っています。発酵させて製法されているのでウーロン茶よりまろやかな味わいです。ウーロン茶もおいしいですが、プーアール茶は味に渋みがあります。またウーロン茶よりクセがないので飲みやすいです。まろやかな味なのでおいしいと感じてもらえます。
 味がおいしいだけではないんです。プーアール茶には多くの効能があります。
成分として没食子酸、タンニン、カテキン、リパーゼ、ミネラル他17種類のアミノ酸など豊富に含まれています。没食子酸は抗酸化作用がありアンチエイジングや生活習慣病予防に役に立ちます。タンニンはポリフェノールの一種で血行を促し、新陳代謝をアップさせてくれます。カテキンは体内に入ってきたウィルスや菌を退治してくれる働きがあります。免疫力アップで健康な体を目指すことができます。そしてリパーゼ。リパーゼは消化酵素を多く含んでいるので中性脂肪燃焼に効果があると言われています。
これらの成分全てがプーアール茶に入っています。これら多くの成分と効能があるプーアール茶で健康な体作りはもちろん、ダイエットの強い味方にもなってくれます。
 適度な運動や食事制限だけでは体重が減っても、その後なかなか落ちづらくなることがあります。そんなダイエットの停滞期などにプーアール茶を併用される方もいます。
プーアール茶の成分、タンニンで血流を良くし新陳代謝をあげることでカテキンの中性脂肪の吸収を抑えてくれます。
 プーアール茶を一日飲めば、健康維持、アンチエイジング、老化防止、ダイエットのお手伝いと効果を発揮してくれます。

学生のころからニキビや吹き出物が多く悩んでいたところへ、腸内環境を良くすればいいと聞きプーアール茶の話を聞きました。
ポリフェノールという物質が腸内環境を良くし、肌トラブルの改善が期待できるそうです。腸内環境やポリフェノールという言葉は知っていましたがそれがどんなものでどんな作用があるのかまでは知らなくて今まで聞き流していましたが、本当に効くよという言葉を聞いてダメもとで一回は試してみようかと購入、飲み続けていますが確かに吹き出物やニキビは少なくなりました。しかもそれとは違う効果もみられていて、恥ずかしい話ですが飲み始めてから便秘が治ったと思います。
で、少し興味がわき少し調べてみるとプーアール茶を飲むと腸内で「没食子酸」という成分が生成されます。その没食子酸が脂肪吸収を抑える働きがありダイエット効果やデトックス効果、肌トラブルを治したりしてくれるそうです。腸内でいらない脂肪を吸収させずに排出させる効果があるんだそうです。あまり考えたことがなかったけれど腸内環境ってとても大事なんですね。
肌トラブルだけではなく、高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の予防にもなるらしく長く飲み続けていくことが大事だそうです。
生活習慣病に効くお茶って聞いたことが無く、それだけでも凄いなと思っています。
立ち仕事をしているのですが、お茶を飲み始めてからあまり、「今日はむくんでいるな」ということを思わなくなってきました。知りませんでしたがプーアール茶に入っている「タンニン」という成分がむくみを解消してくれているらしいのです。
プーアール茶が少し苦いのはこのタンニンという成分のせいです。でも、飲めないほど苦いわけでもないのでそんなに気にはなりません。
また、冷え性にも効果があったり、コレステロールや体内の老廃物を排出する作用もあるため、利尿作用もあり肌荒れや冷え性・便秘の改善・予防に繋がるなど、デトックス効果にも期待できます。
お値段は一般的なお茶よりは少しお高めですが、これだけ体にいいお茶なら飲み続けていてもいいかなと思い、それからずっと飲んでいます。
腸内環境や、腸内での脂肪を吸収しない作用を考えると食事をしながらがプーアール茶を飲むのが一番効果があるのではと思い外食以外は食事をしながら飲んでいます。
プーアール茶の味に慣れてきてしまうと普段飲んでいたジュースも甘く感じてあまり飲まなくなってきました。これも身体にいい作用ですね。
これからも健康のため、お肌のため、飲み続けて行きたいと思っています。

中国茶でダイエット体験談~ダイエットプーアル茶で痩せられる?

プーアール茶やウーロン茶などに代表される中国茶は、さまざまな効果・効能が期待できますが、ダイエット効果にも優れています。
私も40代になり、なかなか脂肪が落ちてくれなくなったため、中国茶を飲んでダイエット効果を得ることにしました。

中国茶が持っている効果・効能には、脂肪燃焼促進効果や脂肪吸収抑制効果、腸内環境改善効果、アンチエイジング効果、むくみ解消効果、冷え性緩和などさまざま効果が期待できます。
私は、脂肪燃焼はもちろん、便秘気味で冷え性も気になっていたので、飲むだけで良いこのダイエットにとても期待していました。

中国茶の脂肪燃焼促進効果は、リパーゼという成分が関係し、特にプーアール茶にはこのリパーゼが豊富に含まれているため、中性脂肪の燃焼を促進してくれます。

また、カテキンも豊富に含まれていますから、脂肪の吸収を抑制する効果があり、胃腸の働きを高めてくれるので、腸内環境改善効果も期待できます。
また、プーアール茶に含まれているタンニンには、むくみ解消やアンチエイジング効果もあり、発酵されたお茶なので、体を温める作用もあり冷え性の緩和にも効果的となっています。

実際に中国茶を飲み始めて思ったのは、体がぽかぽかしてくるような感じがし、冷え性に本当に効果があるということでした。
また、脂っこい食事が好きでやめられませんが、プーアール茶には脂肪の吸収を抑制する効果もありますから、心おきなく油ものを食べることができ、特に食事制限をしなくても、少しお腹が引き締まったような気がします。

私の場合は、のどが渇いた時に飲むというシンプルな方法でしたが、一番いい方法は、食事と一緒に飲むと効果的だそうです。
食事と一緒に中国茶を摂取することで、ダイレクトにダイエット効果が期待できるようです。
また、体を温めるためにも、できるだけホットで飲むとより効果的です。

私は、ウーロン茶やプーアール茶の味が好きなので、ダイエットしているという感覚はなく、無理なく続けることができましたが、味が苦手という人は、食事の時だけでもいいと思います。
私は、体重は1ヶ月で1キロとそれほど劇的な変化はありませんでしたが、飲み続けるうちに便秘が解消し、お腹周りの脂肪が減少したのが実感できました。
便秘も解消したおかげで、肌荒れも軽減し、体調がよくなったと思っています。
中国茶は、ダイエットだけではなく、高血圧や心臓疾患、生活習慣病の予防などにも効果がありますから、おすすめします。